栄養成分分析

検査内容・目的

栄養成分表示の食品カロリー検査を行います。

栄養成分の表示は義務化されています。

2015年4月1日に食品表示法が施行され、容器包装に入れられた加工食品及び添加物は栄養成分を表示することが原則として義務化されています。
食品表示基準へ適合するための猶予期間は加工食品と添加物は2020年3月31日までとなっております。

食品表示基準に規定される成分 加工食品 生鮮食品 添加物
一般 業務 一般 業務 一般 業務
【基本5項目】
熱量·たんぱく質·脂質·炭水化物·ナトリウム
(食塩相当量で表示)
義務 任意 任意 任意 義務 任意

表示項目と順番

  • 1.熱量(エネルギー)
  • 2.たんぱく質
  • 3.脂質
  • 4.炭水化物
  • 5.食塩相当量

※必ずこの順番で表示することが定められています。

新表示

栄養成分表示
100g当たり又は1食(00g)当り等
単位
熱量(エネルギー) kcal
たんぱく質 g
脂質 g
炭水化物 g
食塩相当量 g

ナトリウム塩を添加していない場合

栄養成分表示
100g当たり又は1食(00g)当り等
単位
熱量(エネルギー) kcal
たんぱく質 g
脂質 g
炭水化物 g
ナトリウム mg
食塩相当量 g

測定値の
使用例

・栄養成分表示の参考値 ・製造品開発、品質改善のための成分把握 ・異常品確認のための成分把握 ・食品の規格基準確認 ・調理品、献立のエネルギー情報提供 ・原料の成分変動把握

検査の流れ

STEP
01

検査申込

インターネットにて必要項目をご記入の上お申し込みください。

STEP
02

申し込みの確認

メール・FAXで見積書・検査確認書をお送りします。内容をご確認の上捺印し、ご返信ください。
※検査品発送先・管理番号は申込の確認が取れ次第連絡致します。

STEP
03

検査品発送

発送方法
保存方法と同等条件で発送してください。
検体全量を発送してください。(1検体が100g未満の場合は複数個の発送をお願いします。)

STEP
04

検査実施

検体到着後、検査を実施します。

STEP
05

報告書着

検査結果はメール通知後、報告書原本を郵送いたします。

検査方法のメリット・デメリット

検査方法 メリット デメリット 表示例
近赤外分光法による測定法 ・最終食品を測定する事で調理法、生産地等カロリー変動に左右されない
・測定期間が短く、安価で測定可能
・測定できない食品がある(黒色の食品 例:ひじき、イカ墨、濃縮調味料など) ①『この表示値は、目安です。』
②『推定値』
成分表からの計算表 ・農作物、一次加工品や原材料の配合が変わらない食品であれば安価に表示値を計算することが可能 ・調理法、生産地等、カロリー変動要因に対応できない
・標準成分表にない食品の場合、合理性を補完する裏づけが難しい
①『この表示値は、目安です。』
②推定値
公定法による分析法 ・食品表示基準別表第9の第3欄に掲げる方法であり強調表示に使用できる ・分析コストが高価
・分析期間が長い
①『分析値』
※許容差の範囲を外れる可能性のある場合『分析値』とは記載できません。

分析方法

近赤外分光法
食品(サンプル数144種類)の成分測定値にエネルギー換算係数を乗じてカロリーを算出した測定値を横軸に、カロリーの化学分析値を縦軸に比較した相関係数です。

検査費用

検査項目 分析方法 検査期間 費用
【義務5項目】
熱量·たんぱく質·脂質·炭水化物·ナトリウム(食塩相当量)
近赤外分光法 1週間 7,000円
【義務5項目】
熱量·たんぱく質·脂質·炭水化物·ナトリウム(食塩相当量)
公定法 2週間 16,000円
【義務5項目+推奨2項目】
熱量·たんぱく質·脂質·炭水化物·ナトリウム(食塩相当量)
食物繊維·糖質
公定法 3週間 お問合せください
  • 近赤外分光法は検査のできない食品もございます。詳しくはお問合わせ下さい。(例 : 黒い食品、サプリメント、添加物等など)
  • 追加分析項目についてはフォームからお問い合わせください。
  • 指定の検査センターに保存方法と同等条件で発送してください。
  • 平日に到着するようにお送りください。
  • 検体全量を発送してください。(1検体が100g未満の場合は複数個の発送をお願いします。)
  • 検査期間は検体到着後からの日数となります。

検査のご依頼