腸内細菌検査

検査内容・目的

食中毒保菌者の早期発見、二次感染を防ぐための検査です。

健康保菌者を把握することで食中毒の発生を予防します

食中毒等の病原菌を保有していても症状が出ない人を「健康保菌者」と言います。
腸内に菌がいることに気付かず調理等に携わることで、大きな食中毒事故になる可能性があります。そのため、腸内細菌検査は大量調理施設衛生管理マニュアル、学校食品衛生管理基準など食品を取扱う事業者は製造、加工、調理、販売の従事者の健康管理や腸内細菌検査の実施に努める必要があると記載されています。腸内細菌検便検査は健康保菌者を把握することで食中毒の発生を防止します。

検査対象

飲食店、食品工場、幼稚園や保育園、公立·私立学校、ホテル·旅館、介護施設、水道関係の会社など

検査項目

・測定3項目:赤痢菌、サルモネラ属菌、 大腸菌O157
・測定5項目:赤痢菌、サルモネラ属菌、 大腸菌Oー157,Oー111,Oー26
・測定項目:腸管出血性大腸菌全菌
・測定項目:コレラ菌
・測定項目:腸炎ビブリオ
・測定項目:カンピロバクタ―

検査の流れ

STEP
01

検査申込

インターネットにて必要項目をご記入の上お申し込みください。

STEP
02

依頼内容の確認

メール・FAXで見積書・検査確認書をお送りします。内容をご確認の上捺印し、ご返信ください。
※検査品発送先・管理番号は申込の確認が取れ次第連絡致します。

STEP
03

検査セット到着

検査キット(容器 返信用封筒 検査依頼書)がお手元に届きます。

STEP
04

採便

採便してください。

STEP
05

容器発送

発送方法
常温で発送してください。
※ノロウイルス検査・海外帰国者向け細菌検査と合せて発送する場合は、クール便(冷蔵)で発送して頂いても構いません。

STEP
06

検査実施

検体到着後、検査を実施します。

STEP
07

報告書着

検査結果はメール通知後、報告書原本を郵送いたします。
※陽性の場合はTEL/メールで検査終了後直ちにご連絡いたします。

検査費用

検査対象者数、検査回数、検査項目により金額が異なります。
フォームからお問い合わせください。

検査のご依頼